プロフィール

ゆっけ。

Author:ゆっけ。
ガレージキットディーラー「Autarkie」代表&原型師です。

メールは
jxmds771☆ybb.ne.jpまでお願いします。
(☆は@に変えてください)

艦船模型専門ブログ始めました。
模型工房 Autarkie

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

  
次回以降のイベント参加メンバーを募集します!

「造形関係のイベントに出たい&興味がある」「フィギュアが作りたいけどどうやって良いか解らない&仲間が欲しい」という方がいましたらご一報ください。
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:戦艦金剛
前回の日記からちょっと間が開きましたが、フジミ1/350「戦艦金剛」の製作記を始めます。

それでは、船体の製作からはじめます。
船体パーツは補強パーツを左右のパーツで挟みこんで固定する方式のようです。
最近の大型艦船キットでは主流の方式のようですが、ここでちょっと問題が発生…
どうやっても船体の真ん中に結構な大きさの隙間が出来てしまいます。
しかもちょうど船底には合わせ目を中心に凹みの形でズレが生じていました。
最初から何とも挑戦的なキットです(笑

まず、船体をクランプで軽く締め上げてから接着剤を流し込んで更に締め上げます。
画像 005 画像 006
このとき甲板をマスキングで仮固定して船体が歪まないように気をつけながら作業します。
画像 007
締め上げると溶けたプラが合わせ目からムニュッと出てきますのでその状態で一晩放置。

接着剤が乾いてるのを確認して全体にヤスリ掛けをします。
そのとき隙間を確認してポリパテを盛っていきます。
パーツがズレている船底はマスキングをして不要な箇所にパテが付かないように気を付けつつ盛ります。
そしてパテが硬化したらヤスリ掛け。
今回は船体の繊細なモールドを損なわないように6mm幅のプラ板にサンドペーパーを貼って作業しました。
画像 014 画像 013

船体の張り合わせが出来たら次は気になるモールドの修正です。
船体側面にいくつもある排水管?はどうにも実感に乏しかったので金属線を加工して交換してみました。
画像 012
ラッタルも削り取ってエッチングに交換しました。
画像 008
が、このラッタルは後々DXエッチングのラッタルと交換するかもです(汗
そうそう、忘れてましたが、舷窓もピンバイスで開口してあります、数が多いので何気に結構大変でしたW

さて、今回はこの辺にしておきます。
最近は仕事が忙しくてなかなか趣味に時間を割くことが難しかったりしています。
まあ、この金剛はもともとのんびり作ろうと思って買ったのでいいのですがそれでも夏までには完成させたいかな~なんて思ったりしています。

*次回イベントの情報は色々と確定したらお知らせしますのでもう少しお待ちください。
スポンサーサイト
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © Autarkie blog all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。