プロフィール

ゆっけ。

Author:ゆっけ。
ガレージキットディーラー「Autarkie」代表&原型師です。

メールは
jxmds771☆ybb.ne.jpまでお願いします。
(☆は@に変えてください)

艦船模型専門ブログ始めました。
模型工房 Autarkie

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

  
次回以降のイベント参加メンバーを募集します!

「造形関係のイベントに出たい&興味がある」「フィギュアが作りたいけどどうやって良いか解らない&仲間が欲しい」という方がいましたらご一報ください。
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:戦艦金剛
この金剛製作日記ですが、できれば週一くらいで更新できればと考えています。
まあ、さすがにイベント前とか超忙しい時期は無理だと思いますが…

さて、前回から引き続き船体の製作を進めていきます。
この金剛のキット、各部のモールドやディテールは本当に素晴らしくそれだけ見ても完成した姿にかなり期待が持てるのですが、基本的にパーツ同士の接合部が甘くただ組み立てるだけでは綺麗に仕上がってはくれません。
そのため、パーツの接合にはちょっとした工夫や手間が必要になってきます。
画像 015
↑の写真は船体と甲板の隙間をなくすために0.25mm厚のプラ板を接合面に貼り付けているところです。
このプラ板をほぼ甲板接合面の全てに貼り付けました。
接着剤が硬化したらヤスリで整えて船体と一体化し、甲板を被せて微調整をしていきます。
ここまで完成したら船体はほぼ完成です。
スクリューや舵は塗装後に船体と接着します。

次は作業台というか飾り台の製作です。
画像 009
付属の飾り台はこのように船体を置く方式の台になっています。
しかしこれだと作業中に置くにしても完成後に置くにしても船体が倒れそうでちょっと不安です。
そこでこの台を改造して船体にボルトで固定してしまいます。

まず、台の底板の裏側と球体状のパーツの端を切断します。
画像 010 画像 011
この球体パーツは真ん中にちょうど5mm程度の穴が開いてますのでこの穴にネジを通して船体に固定してしまうわけです。
ネジは完成後にケースに固定する事も考えて少し長めのものを選びました。

次に慎重に位置を決めてから船体に穴を開けます。
画像 016
穴の径はナットより少し大きめにすると後が楽です。
穴が開いたらナットを船体に固定します。
画像 017
固定方法はナットを瞬着で仮固定→プラ棒で挟みこんでプラ用接着剤を大量に流し込み→エポキシ系接着剤を大量に流し込んで固定、となります。

あとはネジにワッシャーを噛ませて台と船体を固定すれば完了です。
画像 018 画像 019 画像 020 画像 022
今後はこれを作業用の台として使用していきます。
完成後は綺麗に塗装してそのまま飾り台として使っていく予定です。

*トレフェスの情報は来週頭にお伝えします。
もうちょっとお待ちください(汗)
スポンサーサイト
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © Autarkie blog all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。