プロフィール

ゆっけ。

Author:ゆっけ。
ガレージキットディーラー「Autarkie」代表&原型師です。

メールは
jxmds771☆ybb.ne.jpまでお願いします。
(☆は@に変えてください)

艦船模型専門ブログ始めました。
模型工房 Autarkie

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

  
次回以降のイベント参加メンバーを募集します!

「造形関係のイベントに出たい&興味がある」「フィギュアが作りたいけどどうやって良いか解らない&仲間が欲しい」という方がいましたらご一報ください。
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:戦艦金剛
先週末はホビーショーと航空祭がありまして両方行くつもりだったのですが、なんやかんやと忙しく結局どっちも行けませんでした…
なんか凄く寂しかったりしてますが、今週もフジミ1/350戦艦金剛の製作を進めていきます。

今回は航空作業甲板を作っていきます。
画像 024 画像 025
この航空作業甲板はDXエッチングセットにエッチングの甲板が入っていますので交換するために甲板上の構造物を全部削り取ってしまいます。
画像 026
次にエッチングの甲板を貼り付けるのですが…
画像 027
物凄い反りです、金属は基本1度曲がると修復は素人には到底無理なのですが、これは綺麗に貼ることが出来るのか?
と結構考えさせられました(笑)
一応ネットで調べたときから知ってはいたのですが、実際に見るとかなり酷いですね…
しかしいつまでも悩んでいても仕方が無いので慎重に貼っていきます。
画像 028 画像 029
なんとか貼ることができました。
端の方にちょっとシワができてしまいましたし、航空機運搬用の軌条(レール)を貼る溝から接着剤が染み出てきて結構大変でした(汗)

次に塗装ですが、指定色で全体を塗った後にマスキングを施して塗り分けをします。
画像 034
この塗り分け作業の時点でエッチングに付いている手すり部分を起こしてしまっていたのですが、非常にやり辛かったです(汗)
手すりは塗装後に作るべきでした…

次の作業はこの航空甲板のディテールアップです。
この甲板は「リノリウム」という素材で出来ているらしく、船などに貼り付けるときは継ぎ目に押さえの金具などを使用していたらしいです。
色々調べたのですが、写真資料が見つからなかったので今回は他の艦船模型製作者さんの作例を真似て真鍮線を使ってリノリウム押さえを再現していきます。
真鍮線を張る箇所をノギスで測り0.2mm真鍮線をカットして1本1本ゼリー状の瞬着で貼っていきます。
画像 035 画像 038
作業は単純ですが効果はかなり高いですね、さっきまでの甲板とはまるで違う格好良い甲板になりました。
じつは模型の艦船を見ていて疑問に思っていたのがこの「リノリウム押さえ」でして、実際の戦闘艦がこんな目立つモノをはたして使ったのだろうか?と常々思っていたのですが…「模型」として見た時にこの表現方法はかなり良いという事がハッキリ分かりましたw

次回も航空作業甲板の続きをしていきます。
スポンサーサイト
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © Autarkie blog all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。